診療科目

内科、胃腸科、外科、リハビリテーション科
健康診断、人間ドック、訪問診療


診察内容

生活習慣病

高血圧、糖尿病、脂質異常症など

各種検査

血圧脈波検査、心電図検査、骨密度検査、
超音波検査(腹部、甲状腺)、
胃バリウム検査、内視鏡検査(胃カメラ)、大腸バリウム検査 など

予防接種 インフルエンザ、肺炎球菌、日本脳炎、
麻疹、風疹、おたふくかぜなど

外科手術

切り傷、すり傷、皮膚良性腫瘍(おでき)
など

自由診療

男性型脱毛症、勃起障害 など

↑上へ戻る

診察予約

午前は9時30分より、午後は16時30分より30分に1人(午前5人、午後5人)の予約ができます。
予約以外の方は来院時の受付順になります。
下のボタンより問診票のダウンロードができます。事前にご記入のうえ来院していただくことをお勧めします。

PDFファイルが開きます。

このボタンをクリックすると、問診票のPDFファイルが別ページで開きます。

●お使いのコンピューターにAdobe Readerがインストールされている場合、
 上記の「ダウンロードボタン」をクリックするとPDFファイルが別ウィンドウ
 で表示され閲覧・印刷ができます。
●PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
 インストールされていない場合は、右の画像をクリックして、Adobe社の
 ホームページからインストールしてください。(無料)Adobe Acrobat Readerダウンロードページへ
↑上へ戻る

各種検査の案内

血圧脈波検査

動脈硬化疾患を診断できます。
足の太い動脈の詰まり具合や動脈硬化の程度を調べます。
動脈硬化の要因である高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドローム、喫煙のある方や「歩きにくい」、「足の血行が悪い」などの症状がある方にお勧めします。
検査は予約なしでいつでもできます。
食事制限はありません。

↑上へ戻る

心電図検査

狭心症や不整脈などの心臓疾患を診断できます。
検査段階で異常値が出た場合は基幹病院と連携しています。胸が締め付けられるような痛みや脈の乱れを自覚している方はご相談ください。
検査は予約なしでいつでもできます。
食事制限はありません。

↑上へ戻る

骨密度検査(骨粗しょう症の検査)

骨粗しょう症は自覚症状がないため骨折して初めて気がつくことがほとんどでした。
現在は骨の量を、X線や超音波の画像からわかるようになりました。早期発見ができます。
検査は予約なしでいつでもできます。
食事制限はありません。

↑上へ戻る

超音波検査(腹部)

肝臓、胆のう、すい臓、腎臓などの異常を調べます。これらの臓器を目で見るように観察できます。
検査はベットに寝てお腹で息を吸ったり吐いたりします。
検査は予約をしてください。
検査は午前の診療前に行います。
検査前の6時間くらいは絶食です。
(牛乳やコーヒーも飲まないでください)

↑上へ戻る

超音波検査(甲状腺)

甲状腺の腫瘍(はれもの)を調べる検査です。
甲状腺の代表的な病気にバセドウ病や橋本病(慢性甲状腺炎)があります。倦怠感、疲れやすい、イライラする、のどに違和感がある、などの症状がある方、月経不順のある方はご相談ください。
検査は予約をしてください。
検査は午前の診療前に行います。
食事制限はありません。

↑上へ戻る

胃バリウム検査

胃がんや胃潰瘍などを調べる検査です。
胃を観察しやすくするため、胃をふくらませる発泡剤(顆粒)を飲みます。バリウムを飲んで食道、胃、十二指腸までを色々な角度からX線で調べます。
検査前日の午後9時までに夕食を済ませ、それ以降は食べたり飲んだりしないようにします。
タバコも吸わないようにします。
検査は予約をしてください。
検査は火曜日の午前中に行います。

↑上へ戻る

内視鏡検査(胃カメラ)

胃がんの早期発見に有効な検査です。
カメラ(管)で食道、胃、十二指腸までを調べます。
胃カメラは口からでも鼻からでも行えます。
鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)は極細の内視鏡を使用するため痛みが少ないのが特徴です。
組織の一部を採って調べることもあります。
検査は予約をしてください。
検査は午前の診療前に行います。
★詳しくは → こちら

↑上へ戻る

大腸バリウム検査

大腸がんやポリープなどの異常を調べる検査です。
肛門から空気とバリウムを入れて大腸全体を色々な角度からX線で調べます。
検査は予約をしてください。
検査は火曜日の午前中に行います。
★詳しくは → こちら

↑上へ戻る



ピロリ菌除菌

内視鏡検査(胃カメラ)の結果で胃炎や胃潰瘍と診断した方に、ピロリ菌検査と除菌療法を行っています。
血液検査等でピロリ菌(胃がんの発生のもととなる萎縮性胃炎の原因のひとつ)の抗体を検査します。胃がんのリスク(かかりやすさ)がわかります。検査結果が陽性の場合は、投薬による除菌療法を行います。
食事制限はありません。

↑上へ戻る



各種インフォメーション

インフルエンザ予防接種についてインフルエンザ予防接種

予約制にて行っています。
予約は10月1日より受付しています。
来院してお申し込みください。
(※間違えを防ぐため、電話での予約はお受けしません。)
なお、今年度はワクチンの入荷数が少ないため、過去に当院を受診された方のみの受付とさせていただきます。
(65歳以上で接種券がある方は予約可)

 料  金:1回目 3,500円/2回目 3,500円
 対象年齢:小学生以上
(ただし過去に当院を受診されたことのある方のみ)

 接種期間:10月15日(月)から12月末まで
 (ただしワクチンがなくなり次第終了)

お申し込み時に問診票をお渡ししています。 事前にご記入のうえ接種当日に診察券と一緒にお持ちください。
市から接種券が届いている方は忘れずにお持ちください。
詳しくはお問い合わせください。

↑上へ戻る


各種予防接種各種予防接種

予防接種は公費(無料)で受けられる定期接種と自費(有料)で受けられる任意接種があります。

定期接種
【公費】
二種混合(第2期)、日本脳炎(第1期、第2期、特例措置の13才以上の方)、肺炎球菌(接種券のある方)、子宮頸がん

任意接種
【自費】

風疹、麻疹、肺炎球菌、日本脳炎、おたふくかぜ、水ぼうそう、B型、肝炎、  二種混合、インフルエンザ

任意接種は高校生以上を対象とさせていただきます。

月曜と金曜の15時45分~16時は予防接種専用の時間です。少ない待ち時間で接種できます。
診療時間中には通常の受付の順番で接種できます。
ワクチンを準備するのに数日かかりますので、電話で希望日をご予約ください。

↑上へ戻る

成人用肺炎球菌ワクチン接種について成人用肺炎球菌ワクチン接種

8月1日から今年度の肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まります。接種期間は29年8月1日〜30年3月31日までです。
今年度
65才、70才、75才、80才、85才、90才、95才、100才を迎える方が対象です。 岡崎市より接種券が届きます。
ただし、過去5年以内に肺炎球菌ワクチンの接種をされた方は対象外です。

市から届いている受診券を忘れずにお持ちください。

上記以外の年齢の方で接種を希望される場合は
岡崎市保健所生活衛生課(電話 23-6714)へお問い合わせください。

↑上へ戻る

特定健康診断について特定健康診査

実施期間は6月1日から10月31日までです。
岡崎市国民健康保険に加入する65~74才までの方、後期高齢者医療制度に加入する75才以上の方を対象とした健康診断を行っています。
市から届いている受診券を忘れずにお持ちください。

↑上へ戻る

男性型脱毛症について男性型脱毛症(プロペシア)

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医療用医薬品です。
脱毛を促すホルモンの働きを抑えることにより、抜け毛を防ぐ作用があります。
詳しくはこちらをご参照ください。
AGA治療薬プロペシアホームページ

AGAは保険治療の対象外であるため、治療費は全額自己負担となります。

↑上へ戻る

勃起補助剤について勃起補助剤(バイアグラ・レビトラ)

ED治療としてバイアグラ、レビトラの処方を行っています。 EDは加齢にともなって誰にでも起こりうる現象です。
ひとりで悩まずにご相談ください。

↑上へ戻る

→診療科目

→診察内容

→診察予約

→各種検査

→インフルエンザ予防接種

→各種予防接種

→肺炎球菌ワクチン

→特定健康診査

→男性型脱毛症(プロペシア)

→勃起補助剤(バイアグラ・レビトラ)